スポーツ選手 駅伝

吉田圭太(青学)の父親母親はどんな人?出身中学高校や留学についても!

投稿日:

 

青山学院大学駅伝部で活躍する吉田圭太選手の父親母親はどんな人なのでしょうか?

また、出身中学・高校や、過去の留学についても気になります。

吉田圭太選手(青学)の父親母親はどんな人?

出身中学・高校や留学についても調べてみました!

 

 

吉田圭太(青学)の父親母親はどんな人?職業は?

吉田選手の父である祐嗣さん、実は青山学院大学陸上部の原晋監督と深いつながりがあるんです。

祐嗣さんと原監督、実は広島県の世羅高校陸上部の先輩後輩同士なんです。

お2人とも1984年の全国高校駅伝で世羅高校が2位になった時のメンバーなんですね。

しかも当時1年生の祐嗣さんが3区を走り、3年生で4区を走る原監督に直接タスキを渡したというとても深いつながりがあります。

祐嗣さんは3年生の時には区間賞を獲得するなどその後も活躍される優秀なランナーだったんです。

お父さんのその後については、調べてみましたが詳しいことはわかりませんでした。

またお母さんについての情報もありませんでした。

吉田圭太選手の出身中学・高校はどこなのでしょうか?

 

吉田圭太(青学)の出身中学高校はどこ?高校時代の成績は?

吉田選手は東広島市立高屋中学校出身です。

中学時代から長距離ランナーとして活躍しており、県の総体や全日本中学生大会、ジュニア陸上などで好成績を収めています。

父親譲りの早くも能力が開花し始めていました。

高校はお父さんの母校であり、長距離の強豪校である広島県の世羅高校に進学します。

高校でもその才能をいかんなく発揮し、2年生の時には5000mで13分50秒67という好タイムを記録しました。

これは当時の高校歴代10位の記録です。

また、駅伝でも活躍します。

吉田選手は高校3年間全国高校駅伝大会に出場し、1年・2年時には優勝しています。

1年生の時にはアンカーを任されており、優勝のテープを切っています。

1年生の時から活躍していたのですね!

そんな吉田選手は3年生の時にはキャプテンとして高校駅伝に出場します。

そしてかつてお父さんが区間賞を獲得した1区で出場しますが、区間19位と不本意な結果で終わっています。

さらにチームは優勝を逃すこととなってしまいました。

このとき吉田選手は大きな責任感を感じてしまったようで、閉会式途中で体調を崩してしまうほどだったそうです。

これも吉田選手の責任感の強さの表れと言えそうです。

 

吉田圭太選手が留学していたのはいつなのでしょうか?

 

吉田圭太(青学)が留学してたのはいつ?留学の理由や行先は?

吉田選手は2019年2月から約5か月もの間、ニュージーランドに長期留学をしていました。

これは吉田選手が通う地球社会共生学部の必須カリキュラムだそうで、同じチームの神林選手とともにネルソンマルボロ工科大学に留学しました。

大学に通いながら2人で練習を行ったそうです。

トップレベルの学生駅伝ランナーとして競技目的で留学することはあっても、学業優先での留学は異例ともいえるようです。

そんな学業優先の留学でしたが、留学期間中の3月にはニュージーランドで行われた日本陸連主催のマラソン合宿に一部合流したそうです。

これは日本のトップレベルのマラソンランナーが参加した合宿でした。

吉田選手はいずれはマラソンにも挑戦したいという思いを持っているとのことで、学業優先の留学だったとはいえ、ランナーとしても得るものがあった留学だったのではないでしょうか。

 

吉田圭太選手のベストタイムはどのくらいなのでしょうか?

 

吉田圭太(青学)のベストタイムは?青学での実績や記録は?

青山学院大学に進学してからの吉田選手の成績はどうなのでしょう?

1年生の時は学生3大駅伝と言われる、出雲駅伝・全日本大学駅伝・箱根駅伝には出場していません。

層の厚い青山学院大学では吉田選手のような高校時代から活躍する選手でもそう簡単には出場できませんね。

しかし、2年生になるとその実力をいかんなく発揮し始めます。

9月には日本学生対校選手権に出場し、5000mでは3位となります。

3位とはいえ、これは日本人トップなんです。

そして1年生の時には出場できなかった3大駅伝すべてに出場します。

出雲駅伝では4区、全日本駅伝では6区、箱根駅伝では9区に出場し、いずれも区間賞を獲得するという大活躍を見せました!

3年生になった今年9月に行われた日本学生対校選手権に出場し、5000mでは3位となりました。

今年も日本人選手トップです!

さらにその後の大会で5000mの自己ベストを更新しています。

今年の3大駅伝も活躍が期待できそうですね。

ちなみに各種目のベストタイムは以下の通りです。

  •  1500m - 3分49秒71(2018年4月21日、第262回日本体育大学長距離競技会)
  •  3000m - 8分08秒71(2016年4月10日、第1回岡山県記録会)
  •  5000m - 13分43秒54(2019年9月14日、第88回日本学生陸上競技対校選手権大会)
  •  10000m - 28分27秒40(2018年11月24日、10000m記録挑戦競技会)
  •  ハーフマラソン - 1時間01分46秒(2019年2月3日、第73回香川丸亀国際ハーフマラソン)

吉田圭太選手に彼女はいるのでしょうか?

 

吉田圭太(青学)の性格や彼女は?好きなタイプは?

吉田選手はその走る姿やイケメンぶりからだいぶもてそうですが、彼女はいるのでしょうか?

吉田選手のTwitterやインスタグラムには彼女らしき人が写っている様子はありませんでした。

この情報だけでは定かではありませんが、彼女がいないことを願っている人も多いのでは?

では吉田選手はどんな人がタイプなんでしょう?

吉田選手のTwitterをのぞいてみるとAAAの宇野実彩子さんや女優の新木優子さんのツイートをリツイートしていました

どちらもかわいいというよりキレイな印象の美人さんですね。

そういう人がタイプなのかもしれません。

 

吉田圭太選手のシューズはどこのものなのでしょうか?

 

吉田圭太(青学)のシューズはどこの?走り方の特徴は?

近頃はランナーがどのメーカーのシューズを履くかに注目が集まっています。

吉田選手はどのシューズを履いているのでしょうか?

吉田選手は昨年度学生3大駅伝すべてで区間賞を獲得する活躍を見せましたが、その際には「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ4%フライニット」を着用していました。

これは話題になった厚底シューズで、今までのランニングシューズの常識を覆したと話題になったものです。

昨年の箱根駅伝では出場選手の41%、さらに区間賞獲得選手に限定すると実に70%の選手がこのシューズを着用していました。

吉田選手も話題のシューズを着用して活躍されたんですね。

今年9月に行われた日本学生対校選手権では「ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%」という、同じシリーズのモデルを着用していました。

学生3大駅伝にもこのシューズを着用して出場することが予想されます。

吉田選手の走り方の特徴はそのスピードと安定感。

大崩れしないのは監督としては駅伝に使いやすいタイプなのかもしれません。

高校時代から全国レベルで活躍しているその経験も安定感につながっていると言えそうです。

吉田圭太選手の評判はどうなのでしょうか?

 

 

吉田圭太(青学)の評判はどう?ネットやツイッターの反応は?

高校時代から全国レベルで活躍している吉田選手ですが、その評判はどうなのでしょうか?

先日、青山学院大学の原晋監督が出雲駅伝のエントリーメンバーを発表し話題になりました。

その中にはしっかりと吉田選手の名前もありました。

そのエントリーメンバーの発表をうけてのTwitterの反応をみると、吉田選手の活躍を期待するツイートが多くみられました。

昨年度の学生3大駅伝すべてで区間賞を獲得しただけあって、注目度も期待も高まっています!

次は吉田圭太選手の活動経歴についてです。

 

吉田圭太(青学)の活動経歴

2013年 第18回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 6区(3km) 5位

2014年 第64回全国高等学校駅伝競走大会 7区(5km) 2位

2015年 第20回全国都道府県対抗駅伝競走大会 4区(10km) 21位

2015年 第66回全国高等学校男子駅伝競走大会 4区(8.0875km) 8位

2016年 第65回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 5区(8.5km) 3位

2016年 第67回全国高等学校男子駅伝競走大会1区(10km)  19位

2017年 第22回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 1区(7km) 6位

2018年 ホクレンディスタンスチャレンジ2018 5000mB 4位 13分59秒21

2018年 第87回日本学生陸上競技対校選手権大会 5000m 3位 14分08秒75

2019年 第24回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 3区 3位

2019年 第73回香川丸亀国際ハーフマラソン 6位 1時間01分46秒

2019年 熊日30キロロードレース 30km 2位 1時間29分47秒

2019年 第88回日本学生陸上競技対校選手権大会 5000m 3位 13分43秒54

 

<大学駅伝の成績>

  • 1年生(2017年度) 出雲駅伝・全日本大学駅伝・箱根駅伝:いずれも出場なし
  • 2年生(2018年度) 出雲駅伝:4区 区間賞
  • 全日本大学駅伝:6区 区間賞
  • 箱根駅伝: 9区 区間賞

 

 

吉田圭太プロフィール

所属校:青山学院大学

学部学年:地球社会共生学部 3年

生年月日:1998年8月31日

身長・体重:172㎝ 52㎏

出身地:広島県東広島市

出身校:東広島市立高屋中-世羅高(広島)

吉田圭太(青学)の父親母親はどんな人?出身中学高校や留学についても!まとめ

いかがでしたか?

吉田選手はランナーだったお父さんの血をひいて、中学生・高校生のころから全国レベルで活躍する選手だったんですね。

長期間の留学から戻った直後に自己ベストを更新するなど、今年も好記録をたたき出しており3大駅伝でも活躍が期待されます。

今後も吉田選手の活躍に注目していきましょう!

 

◆こちらの記事もよく読まれています◆
↓クリック

竹石尚人(青学)はイケメンでかわいい!彼女や兄弟活動実績も気になる【追記あり】>>

鈴木塁人(青学)は走り方が独特?彼女の画像や出身高校も気になる!>>

生方敦也(青学)の出身中学・高校は?彼女やシューズについても調査!>>

鬼塚翔太は弟がいて兄弟で陸上選手?彼女やシューズ、茶髪でハーフの噂も調査!>>

關颯人(せきはやと)は兄弟で陸上選手って本当?過去の怪我や彼女についても>>

 

 

 

▼▼よく読まれているおすすめ記事▼▼

-スポーツ選手, 駅伝
-,

Copyright© BANBI NEWS , 2019 All Rights Reserved.