高校野球 スポーツ選手 野球

太田流星(札幌大谷)はドラフト候補?出身中学や彼女も気になる!

投稿日:

 

札幌大谷高校の太田流星投手は、中学時代に野手から投手に変更し、高校ではアンダースローと横手投げの中間的な変則フォームで多くの勝利を挙げ、今後のドラフト候補としても楽しみな選手です。

出身中学や彼女の存在が気になります。

ここでは太田流星選手の中学時代から、これまでの経歴や彼女の存在など、ドラフトの楽しみも交えて紹介していきます。

 

太田流星(札幌大谷)はドラフト候補になる?投球スタイルの特徴は?

太田流星選手は2018年秋の神宮大会優勝校である札幌大谷高校のエースピッチャーで、準決勝で8回までノーヒットノーランを続けたことで一気に有名になりました。

その後、2019年春の選抜甲子園大会でも投球しており、スポーツ各紙でも取り上げられる存在となっています。

投球スタイルは、横手とアンダースローの中間的な変則フォームでテンポよく投げ、打者がタイミングを取るのが難しいタイプです。

夏の甲子園大会には出場できませんでしたがその変則的なフォームで打たしてアウトを取るタイプのピッチャーとして2019年のドラフトで候補に挙がっても不思議はないと考えられます。

アンダースローのような変則的な投球(サブマリン投法とも言われることがあります)でプロ野球で実績を上げた選手も数多くいます。

元阪急の山田久志選手や、西武の牧田和久選手などエース級ピッチャーも多くいます。従って、太田流星選手にも彼らのような活躍が期待されてドラフト候補に挙がっても不思議ではありません。

太田流星選手の出身中学はどこなのでしょうか?

 

太田流星(札幌大谷)の出身小学・中学はどこ?

太田流星選手の出身小学校は札幌市立幌東小学校、出身中学は札幌大谷中学です。

札幌大谷中学では2008年に硬式野球部ができ、「日本リトルシニア中学硬式野球協会 北海道連盟」に所属しています。野球部は学校教育の中の部活で、中高一貫「6か年強化クラブ」と位置付けられているようです。

授業の後、野球部専用のバスで30分ほどのグランドに行って練習しています。

雨の日は人工芝の雨天練習場があり、非常に恵まれた環境で練習ができたようです。

中学校での硬式野球部の指導方針は、

「大谷中学校のブランドビジョンの下で、野球部活動を通じて人間形成に取り組むこと」

「何事にも感謝の気持ちを持つ心と最後まであきらめない精神力を養う」

「正しい動作を身につけることでケガをしない体作りをする」

「個性を伸ばすとともに協調性を重視する」

などが掲げられています。

また札幌大谷&高等学校は中学・高校一貫教育で、進路指導にもとても熱心です。中学時代から英数選抜コース、特進コース、音楽コース(音楽系の大学を目指す)、美術コース(美術系の大学を目指す)などを設けて効果的な教育をしています。

高校の進学実績は北海道大学を含め毎年、多くの大学進学者を輩出しています。

 

太田流星選手が野球を始めたきっかけは何だったのでしょうか?

 

太田流星(札幌大谷)が野球を始めたきっかけは?

小学校1年の時に菊水ベアーズで野球を開始したそうです。

その後、中学校では札幌大谷シニアに所属し実力を磨いたようです。

野球を始めた詳しいキッカケについては残念ながら判りませんでした。

太田流星選手に彼女はいるのでしょうか?

 

太田流星(札幌大谷)に彼女はいる?好きなタイプは?

太田流星選手に彼女がいるのか?ネット上でいろいろ探してみましたが、それらしい情報は見当たりませんでした。

今は野球一筋で、彼女はもう少し余裕ができたところでということになるのでしょうか。

また太田流星選手は乃木坂46の坂口珠美さんのファンとのことで、今どきの若者と同じく、可愛くて笑顔が素敵な女性が好きなタイプということになるでしょうか。

太田流星選手の球速はどのくらいなのでしょうか?

 

太田流星(札幌大谷)の球速は?

太田流星選手は横手投げとアンダースローの中間的な変則フォームと言うことでその球速はそれ程は早くなく、球速120kmから130km程度のようです。

しかしこの球速で好投手ということは、アンダースローと横手投げの中間という一種独特の投球フォームが、相手打者にとってはタイミングが取りづらいなど、球速以外の威力があるからと考えられます。

変則的なフォームで投げる球種は、ストレート以外にスライダー、シュート、カーブ、シンカーを投げるようです。

シュートの球速はストレートと同じで右バッターのインコースにくい込んできて非常に打ちづらい球のようです。

実際の試合においても、三振を多くとるタイプではなく、打者を平凡なゴロやフライに打たせて打ち取ることが多いです。

変則フォームのため制球力には課題が残り少しフォアボールが多いことが今後の改善点と思われます。

太田流星選手の打者としての実力はどんな感じなのでしょうか?

 

太田流星(札幌大谷)の打者としての実力は?

太田流星選手は中学時代には当初、外野手としてプレーしたようです。

外野手時代は2年の夏ころまで公式戦での出場機会もなかったようです。

その後、自ら工夫してフォームを上手投げから横手とアンダースローの中間的な変則フォームに変え、投手としてやっていくことを決めたようです。

中学時代の硬式野球部は部員も20-30人と多く、また投手も多かったことから、最初は出場機会がありませんでした。

また野手時代にあまり公式戦の出場機会がなかったことから、太田流星選手の打者としての戦績は殆ど残っていませんでした。

このことから太田流星選手は打者としての実力は投手としての実力程は優れてはいないのではと考えられます。

 

太田流星選手の身長・体重はどのくらいなのでしょうか?

 

 

太田流星(札幌大谷)の身長・体重は?

太田流星選手の身長は173cm、体重は76kgで最近の野球選手としては少し小柄です。

体重もそれほど重くなく、投手としては今後、プロあるいは大学で練習を積んで大きくなって行くと見られます。

次は太田流星選手の活動経歴についてです。

 

太田流星(札幌大谷)の活動経歴

以下に太田流星選手の野球における活動経歴をご紹介します。

・中学3年生のとき、リトルシニア日本選手権で優勝候補の札幌新琴似シニア戦で先発し勝利投手となり、全国大会出場に大きく貢献しました。

・札幌大谷高校では1年生からベンチ入り、2年生の秋季リーグでは最も多いイニング回数に登板し、札幌支部大会、北海道大会優勝に大きく貢献しました。

・2018年秋の明治神宮大会では準決勝で築陽学園戦に先発し、8回までノーヒットノーランを続け、完投し勝利投手となるなど明治神宮大会優勝に大きく貢献しました。

・2019年春の選抜甲子園大会に出場しました。初戦の米子東戦では4安打1失点で完投し、勝利投手となりました。2回戦の明豊戦では4回無死1塁から救援投手として登板し、2失点と好投しましたが惜しくも1対2で敗れました。

・2019年夏の甲子園大会予選では残念ながら駒大苫小牧に敗れました。

 

 

太田流星(札幌大谷)プロフィール

以下に太田流星選手のポロフィールを簡単にご紹介します。

太田流星選手は北海道札幌市出身、2001年4月9日生まれで5人家族、3人兄弟の末っ子として育ちました。

投手としては右投げ右打ちです。

高校での好きな科目は数学で苦手な科目は倫理社会とのことです。

趣味は映画観賞とのことですが今までは野球練習で忙しくあまり観れなかったかも知れません。

好きな食べ物はプリン、嫌いな食べ物はチーズとのことだそうです。

太田流星(札幌大谷)はドラフト候補?出身中学や彼女も気になる!まとめ

太田流星選手の出身中学も交えたプロフィールやこれまでの活躍をご紹介してきました。

太田流星選手はこれまで神宮大会、春の選抜大会など全国大会にも多く出場し、あと少しでノーヒットノーランとなる活躍もしてきています。

当然、マスコミにも取り上げられることも多く、彼女がいても決して不思議ではないです。

残念ながら太田流星選手の彼女の存在はハッキリしていませんが、ドラフトも含め、今後の太田流星選手の動向が楽しみです。

一緒に応援して行きましょう。

 

◆こちらの記事もよく読まれています◆
↓クリック

内山壮真(星稜)に彼女はいる?出身中学や父親母親についても調査!>>

及川雅貴投手(横浜)の身長体重は?彼女や出身中学も気になる!>>

奥川恭伸投手(星稜)の身長体重は?u18に選ばれる理由や中学彼女についても調査!>>

佐々木朗希の父親の職業は?秋季大会の活躍やすごい球速球種についても!>>

田中将大(マー君)の子供は何人で誕生日はいつ?体重足のサイズや野球に不利な噂も調査!>>

 

 

 

 

▼▼よく読まれているおすすめ記事▼▼

-高校野球, スポーツ選手, 野球
-,

Copyright© BANBI NEWS , 2019 All Rights Reserved.