スポーツ選手 野球

奥川恭伸投手(星稜)の身長体重は?u18に選ばれる理由や中学彼女についても調査!

投稿日:2019年2月25日 更新日:

奥川恭伸身長体重u18

 

星稜高校の奥川恭伸投手が注目されていますが、身長体重はどのくらいなのでしょうか?

u18に選ばれる理由や、出身中学、彼女についても気になります。

 

星稜高校の奥川恭伸投手の身長体重は?

u18に選ばれる理由や、出身中学、彼女についても調査しました!

 

 

奥川恭伸投手の(星稜)の身長体重は?

2018年の高校野球は近年と比べて、盛り上がり、豊作だった年でした。

中でも、ドラフト会議で4球団競合の末、中日ドラゴンズに入団した、大坂桐蔭高校の根尾昂選手

同じく、大坂桐蔭3球団競合の末、千葉ロッテマリーンズに入団した藤原恭大選手

4球団競合の末、広島東洋カープに入団した小園海斗選手

甲子園で10試合連続完投を記録し、日本ハムファイターズに入団した、金足農業高校の吉田輝星選手

など、高卒で即戦力候補の選手が次々ドラフト1位で指名されました。

 

そんな中、2018年夏の甲子園大会を沸かせた逸材がもう1人居ます。

石川県の強豪校、星稜高校2年生「奥川恭伸」選手です。

夏の甲子園第100回大会となる、記念の大会開幕戦で、2年生ながら先発し、

奥川恭伸さんの身長は183㎝、体重は82kgです。

 

恵まれた体格を活かし、150㎞を記録。

甲子園で2年生による150キロ以上は田中将大、大谷翔平、安楽智大に次いで、史上4人目となる記録を打ち立てました。

2回戦で愛媛の済美高校に敗れるも、確かな実力と存在感を発揮し、2019年ドラフトの目玉投手と呼び声が高い選手です。

 

奥川恭伸投手はu18に選ばれたこともあるようなのですが、いつなのでしょうか?

 

奥川恭伸投手の(星稜)がu18に選ばれたのはいつ?理由と結果は?

そんな甲子園での活躍が認められ

第12回 BFA U18アジア選手権のu18日本代表の中で唯一、2年生で選ばれた奥川恭伸投手は、

大会を通じて2回を投げ、1安打を許すものの、無失点で結果を出しました。

2年生ながら、日本代表として選ばれた理由は、

名門の星稜高校で1年生の時からエースを担う、その実力と将来性が大きく評価されたからでしょう。

2018年夏の甲子園大会地方予選を、5試合無失点という抜群の安定感で甲子園出場を決め、

エースとして格の違いを見せつけた存在感は、まさしく他を圧倒するものでした。

 

また、同じくu18として選ばれた大坂桐蔭高校の根尾昂選手から、

打者に対しての追い込み方を教わるなど、刺激と貴重な経験を積んだ事は、大きな収穫になったはずです。

 

奥川恭伸投手がドラフト有力候補と言われるのはなぜなのでしょうか?

 

奥川恭伸投手の(星稜)がドラフト有力候補と言われるのはなぜ?

2年生ながら、早くも2019年ドラフト有力候補と呼ばれる奥川恭伸投手。

早くもプロ全12球団からスカウトを派遣され、その一挙手一投足に注目が集まっています。

 

各スカウトは、

「フォームもボールの軌道もブレない。下半身の使い方がうまい」

「ストレートのギアを4段階で使い分ける組み立てのうまさがある。全てが高校生離れしているレベル」

と舌を巻きます。

 

先発投手としてあらゆる能力が高く、勝ちを呼び込む[勝ち運]を持ち合わせ、勝負強さも持っている。

その完成度の高さが、ドラフトで上位指名は間違いないと言われる理由でしょう。

 

奥川恭伸投手のプレースタイルはどんな感じなのでしょうか?

 

 

奥川恭伸投手の(星稜)のプレースタイルは?

奥川恭伸投手は183cm・82kgと既に完成された体格を持ち、

遠投110m、50m6秒5と身体能力の高さも有ります。

 

MAX150kmのストレートと、120㎞台のスライダー、110㎞台のカーブ、130㎞台のフォーク、120㎞台のチェンジアップと4種類の変化球と、

試合展開によって使い分けるストレートは4段階と言われています。

 

しかし、一番のストロングポイントは針の穴を通すコントロールです。

力任せのスピードを前面に出すのではなく、肩の力を抜いたフォームで、コースを突き、

ストライクカウントを奪って有利な展開を作り出せる巧みなゲームコントロールができるのは、抜群のコントロールがあるからこそでしょう。

 

また、驚異的な奪三振率の高さもコントロールの良さを物語っています。

昨秋の明治神宮大会では、奪三振数は3試合で26個を数え、奪三振率14・63を記録。それまで大会奪三振率記録保持者、駒大苫小牧の田中将大投手の14・1を上回りました。

追い込んでからもブレないコントロールを、奪三振の多さが証明しています。

 

奥川恭伸投手の出身中学はどこなのでしょうか?

 

奥川恭伸投手の(星稜)の出身中学は?

石川県出身の奥川恭伸投手の出身中学は、

金沢市の北に位置する、かほく市に有る、かほく市立宇ノ気中学校です。

 

奥川恭伸投手は、中学時代には、軟式野球部に所属し、

3年生の夏に[全国中学校軟式野球大会]で全国優勝を成し遂げています。

 

また、現在星稜高校でバッテリーを組む山瀬慎之介捕手とは、

小学生の頃からの同級生で、小学4年生かの頃からバッテリーを組んでいます。

 

全国優勝をした時もバッテリーを組んでいて、山瀬慎之介捕手は4番を打っていました。

山瀬慎之介捕手も2018年のドラフト有力候補と言われています。

 

奥川恭伸投手に彼女はいるのでしょうか?

 

 

奥川恭伸投手の(星稜)の彼女は?

どこか幼さの残る顔立ちで、爽やかな笑顔も印象的な奥川恭伸投手。やはりどの時代も「エースでピッチャー」という肩書きはモテないわけがありません。

しかし、今のところ彼女がいるという情報や噂も出ていません。

やはり今は野球に集中しなければいけない大切な時期ですし、プロに入るとますます努力が必要となります。

彼女が居たとしても、結婚して家庭を持つことはまだ数年先の事でしょう。

これからますます有名になったら、彼女の噂も出てくるかもしれませんね。

 

次は奥川恭伸選手の活動経歴についてです。

 

奥川恭伸投手の活動経歴

宇ノ気小学校3年から野球を始め、軟式野球部で中学3年夏に全国大会制覇を達成しました。

星稜高進学後、1年春の北信越大会からベンチに入ります。

 

1年生ながら、秋の大会ではエースの座を掴み、登板した8試合は全て先発63奪三振で、県大会優勝を果たします。

北信越大会では、全4試合で防御力2.88、29奪三振を記録し、準優勝に貢献します。

 

翌2年春の選抜では、救援ながら2勝をマークしました。

3回戦でサヨナラ2塁打を記録し、バッティングでも活躍しました。

 

夏の甲子園地方予選は、2年ぶり10度目の県大会優勝を達成。

甲子園大会開幕ゲームでは、藤蔭戦で大台150㎞を叩き出し注目を浴びます。

 

2回戦は済美高校と対戦、13回タイブレークの末に11対13で惜しくも2回戦で敗退となりました。

18年の秋季北信越大会、準々決勝・松本第一戦では「初回から4回の先頭打者まで10者連続三振」を記録しました。

 

2019年ではドラフト上位指名有力とされ、高校生ピッチャーではNo1と呼び声高い奥川恭伸投手の活躍から目が離せません。

 

 

奥川恭伸プロフィール

■名前:奥川恭伸(おくがわやすのぶ)

■生年月日:2001年4月16日

■身長:182cm

■体重:78kg

■高校:星稜高校

 

奥川恭伸投手(星稜)の身長体重は?u18に選ばれる理由や中学彼女についても調査!

星稜高校の奥川恭伸投手は、身長183cm、体重82kg。

抜群のピッチングスタイルで、侍ジャパンのu18にも選ばれたこともある有力選手です。

2年生ながら、すでにドラフト入りの話もあがっていてすごいですね。

2019年の高校野球でもどんな活躍を見せてくれるのか楽しみです!

 

 

◆こちらの記事もよく読まれています◆
↓クリック

及川雅貴投手(横浜)の身長体重は?彼女や出身中学も気になる!>>

佐々木朗希の父親の職業は?秋季大会の活躍やすごい球速球種についても!>>

田中将大(マー君)の子供は何人で誕生日はいつ?体重足のサイズや野球に不利な噂も調査!>>

稲葉篤紀の嫁は怜奈で元ホステス?日本代表監督を支える妻を調査!>>

斉藤和巳の元嫁は松本典子?現在の彼女は誰で仕事は何してるの?>>

 

 

 

▼▼よく読まれているおすすめ記事▼▼

-スポーツ選手, 野球
-,

Copyright© BANBI NEWS , 2019 All Rights Reserved.