野球 スポーツ選手

佐々木朗希の父親の職業は?秋季大会の活躍やすごい球速球種についても!

投稿日:

佐々木朗希父親職業秋季大会球速球種

 

高校野球の注目選手、佐々木朗希投手の父親が注目されていますが、職業は何なのでしょうか?

また、佐々木朗希投手の秋季大会での活躍や、すごいといわれる球速や球種についても気になります。

 

佐々木朗希投手の父親はどんな人で職業は?

秋季大会での活躍や球速、球種についても調べてみました!

 

 

佐々木朗希の父親はどんな人?職業は?

佐々木朗希投手の父親はどんな人なのか?職業は?についてみていきましょう。

佐々木朗希投手は2011年に発生した東日本大震災で被災し、大船渡市に移住しています。

しかし、東日本大震災で父親の功太さんは37歳の若さで亡くなっています。

 

父親の功太さんはどんな方だったのでしょうか。

明るく面白い方でしたが、怒るときはしっかり怒り、特に佐々木朗希投手のお兄さん琉希さんに厳しく接していました。

お兄さんの琉希さんが、父親代わりに佐々木朗希投手に厳しく接していたそうです。(母親の陽子さん談)

東日本大震災で父親を亡くした佐々木朗希投手は、「負けず嫌い」だそうで投手に必要な精神面は強そうですね。

父親の職業について調べてみましたが、これといった情報が見当たりませんでした。

 

佐々木朗希投手は辛い想いを乗り越えてきたのですね。

 

佐々木朗希投手に兄弟はいるのでしょうか?

 

佐々木朗希に兄弟はいるの?

佐々木朗希投手に兄弟はいるのかみていきましょう。

 

佐々木朗希投手には、お兄さんと弟さんといらっしゃいます。

大の負けず嫌いで、3歳上のお兄さんを常にライバル意識で持っていたそうです。

お兄さんも野球をしており、大船渡高校OBで4番を任されるほどチームの中心だったとのこと。

弟さんについての情報は見当たりませんでした。

 

2人のお兄さんが野球をしているので、弟さんも野球をしてて欲しいと個人的に思います。

 

佐々木朗希投手の高校野球秋季大会での活躍とはどのようなものだったのでしょうか?

 

佐々木朗希の高校野球秋季大会での活躍や結果は?

佐々木朗希投手の高校野球秋季大会での活躍や結果をみていきましょう。

2018 高校野球秋季岩手大会では、

  • 1回戦の盛岡三高戦で、自己最速の157キロをマークし6安打11奪三振の完封勝利を挙げる。
  • 準決勝の盛岡大付戦で、166球を投じ左股関節痛を抱える。
  • 3位決定戦の専大北上戦では今大会先発外れ、前日盛岡大付戦の影響で慢心創痍の状態で登板するも11-10で逆転負けを喫する

という結果でした。

全4戦を完投した代償は大きいものがありましたね。

怪我を癒して、夏の甲子園で雄姿を見届けたいと期待します。

佐々木朗希投手は大阪桐蔭を断って大船渡高校に入学したという噂があるのですが、

本当なのでしょうか?

 

 

佐々木朗希は大阪桐蔭を断って大船渡高校に入学していた?断った理由は?

佐々木朗希投手は大阪桐蔭を断って大船渡高校に入学していた?

断った理由についてみていきましょう。

 

佐々木朗希投手がプロへ多数の選手を輩出している強豪校の大阪桐蔭高校からの誘いを断っています。

断った理由は、

「中学時代から一緒にプレーしている同級生たちと一緒にプレーがしたかったから」

ということこです。

一緒にやってきた仲間をすごく大切に思っているという気持ちが伝わりますね。

 

昨年では、金足農業高校の吉田輝星選手もそうですが、

地元の私立高校から甲子園を目指す!!という本来の意義に沿ったものが、筆者もそうですが多くの人が大好きなストーリーだと思います。

佐々木朗希投手は、吉田輝星選手同様に人気が出そうですね。

 

佐々木朗希投手の出身中学や高校はどこなのでしょうか?

 

佐々木朗希の出身小学校・中学はどこ?野球実績は?

佐々木朗希投手の出身小学校や中学校はどこなのでしょう。

また、野球実績をみていきましょう。

野球のスタートは、

陸前高田市高田小学校(3年生)

→大船渡市立猪川小学校(東日本大震災により転入)

→大船渡市立第一中学校

 

となります。

 

東日本大震災で被災してしまい、陸前高田市 → 大船渡市に移住されています。

苦難を乗越え、大好きな野球に打ち込んでたと思うと胸が熱くなっちゃいますね。

野球の実績の方は、中学3年生の夏にオール気仙でKB東北大会準優勝という好結果を残しています。

KB東北大会を知らない人もいると思うので、簡単に紹介します。

KBとは、Kボール(軟式野球と公式野球とつなぐためのボール)というものを使用して行う大会になります。

軟式⇒硬式への移行をスムーズに対応できるようにという意図があります。

この大会当時に、141キロの球速を記録するなど活躍してますので、高校の強豪校からの誘いがあっても驚きませんね。

 

佐々木朗希投手の身長・体重はどのくらいなのでしょうか?

 

 

佐々木朗希の身長・体重は?

佐々木朗希投手の身長や体重をみてみましょう。

身長は189cm、体重は81kgになります。

 

高校2年生で189cmなのですが、既に中学時代で180cmを超えていました。

 

岩手県出身の先輩、大谷翔平選手の身長は193cm、体重86kgでした。

 

1日6合ものご飯を食べており、高校1年生時から10キロ増しています。

まだまだ成長する可能性を秘めています。

しかし高身長にイケメン、野球の才能もあり天はニ物を与えすぎですよね。

 

佐々木朗希投手の球速や球種はどのくらいなのでしょうか?

 

佐々木朗希の球速や球種は?プレースタイルは?

佐々木朗希投手の球速や球種?またプレースタイルをみていきましょう。

球速は、

中学3年生夏 → 141キロ

高校1年生夏 → 147キロ

高校2年生秋 → 157キロ(スコアボードには誤作動で163キロ表示される)

と推移しています。

 

2年ほどで、球速が16キロもアップしています。

昭和生まれの選手に比べると、食べ物や栄養管理、練習環境も充実してますからね。

今や、150キロ超えの投手は珍しくなくなりました。

球種はといえば、

ストレート、スライダー、フォーク、チェンジアップ

を武器にしています。

 

2018年の秋季大会では、フォークを封印しチェンジアップを使用しています。

チェンジアップはフォークより肘への負担は少ないので、成長期は負担をかけないほうがいいですね。

 

得意のストレートが速くてもコントロールが定まらなければ、プロでは通用しません。

体感を鍛えコントロールの精度も上がれば、打ちあぐねるかもしれないですね。

また、プレースタイルは、

ガッシリした体格なのに、50mを5秒9で走る俊足の持ち主なのです。

甲子園の地方大会では打順1番を務めています。

ピッチャーで1番、どこかで見ましたね。

大谷翔平選手が、2016年7月3日のソフトバンク戦で実践しています。

俊足に加え長打も期待できる。

打って良し、走って良し、投げて良しと三拍子揃ってます。

将来が期待できる逸材なので、無理しないようにして欲しいですね。

 

 

佐々木 朗希プロフィール

■名前:佐々木 朗希(ささき ろうき)

■生年月日:2001年11月3日

■出身:岩手県陸前高田市

■身長:189cm

■体重:81kg

■投打:右投げ右打ち

■家族:母、兄、弟

■経歴:

陸前高田市立高田小学校・大船渡市立猪川小学校

大船渡市立第一中学校

岩手県立大船渡高校

 

佐々木朗希の父親の職業は?秋季大会の活躍やすごい球速球種についても!まとめ

佐々木朗希投手の父親について調べてみたところ、東日本大震災で亡くなっていたことが分かりました。

悲しい過去を乗り越えて頑張ってきたのですね。

佐々木朗希選手は、投げて走れるすごい実力を持つ選手。

これからの活躍が楽しみです!

 

◆こちらの記事もよく読まれています◆
↓クリック

奥川恭伸投手(星稜)の身長体重は?u18に選ばれる理由や中学彼女についても調査!>>

田中将大(マー君)の子供は何人で誕生日はいつ?体重足のサイズや野球に不利な噂も調査!>>

稲葉篤紀の嫁は怜奈で元ホステス?日本代表監督を支える妻を調査!>>

斉藤和巳の元嫁は松本典子?現在の彼女は誰で仕事は何してるの?>>

 

 

 

▼▼よく読まれているおすすめ記事▼▼

-野球, スポーツ選手
-,

Copyright© BANBI NEWS , 2019 All Rights Reserved.