スポーツ選手 フィギュアスケート

本郷理華がコーチ変更の理由と引退の真相は?ハーフの噂や両親離婚についても

投稿日:2019年3月1日 更新日:

本郷理華コーチ変更引退ハーフ両親離婚の噂は

 

女子フィギュアの本郷理華選手は、コーチ変更や引退の噂がありますが、真相はどうなのでしょうか?

ハーフの噂や、両親が離婚しているという話も気になります。

フィギュアの本郷理華選手はコーチを変更した?引退するって本当?

ハーフ説や両親の離婚についても調べてみました!

 

 

本郷理華がコーチ変更したのはいつ?なぜ?

女子フィギュアスケートで一時代を築いた浅田真央選手が引退し、次の時代のエース誕生が待たれる中、

紀平梨花選手、坂本花織選手などのランキング上位実力派選手達に加え、

チャレンジカップで国際大会ノービス初優勝を成し遂げた本田紗来選手など、まさしく群雄割拠となっている女子フィギュアスケート界です。

そんな中で、[新たな名古屋の星]と期待されていた本郷理華選手は、まだ実力を発揮しきれていない選手の1人です。

本郷理華選手はノービス(ジュニア)の頃からその才能に注目が集まり、

オリンピック選手を何人も育ててきた世界屈指の名コーチ「長久保裕」さんがコーチに就任した時には、

新たなオリンピック選手誕生か?と話題になりました。

 

長久保裕コーチは、ご自身も1972年に開催された札幌オリンピックに出場し、現役引退後にコーチへ転向しました。

沢山の教え子がオリンピックに出場しています。

1998年、長野オリンピックでは本田武史選手、田村岳斗選手、荒川静香選手、荒井万里絵選手が出場。

2002年、トリノオリンピックでは荒川静香選手が金メダルを獲得しました。

2014年、ソチオリンピックでは鈴木明子選手が8位に入賞しました。

 

長久保裕コーチは「ジャンプを教える」のが日本一上手いとされています。

そんな、名コーチの指導を受け、実力を伸ばしていった本郷理華選手でしたが、

長久保裕コーチは2017年9月にコーチを退任してしまいます。

 

理由は長久保コーチの「家族の事情」ということで、どうしようもない部分ではありますが、

長久保コーチも70歳を過ぎ、遠征が多いフィギュアスケートのコーチ業は、ご自身の身体にも相当キツイものとなっていたのではないでしょうか?

 

本郷理華選手の現在のコーチは誰なのでしょうか?

 

本郷理華の現在のコーチは誰?

長久保コーチ退任後、本郷理華選手のコーチとして、

同じ邦和スポーツランドの成瀬葉里子コーチを中心に、川梅みほコーチ、そして、本郷理華選手のお母さんの本郷裕子コーチが指導にあたっていました。

本郷理華選手のお母さんも邦和スポーツランドでコーチをされていたんですね。

その後、2018年10月から練習拠点を名古屋からカナダのバンクーバーに変更したのを機に、

  • ジョアン・マクラウド
  • 関徳武(せきめぐむ)

の両コーチからの指導を受けているそうです。

 

ジョアン・マクラウドコーチはケヴィン・レイノルズ選手のコーチを務めていました。

関徳武コーチは、ショースケーターとして活躍し、コーチへ転向後は、カナダ人の奥様と結婚され、カナダへ移住されたそうです。

以前は永井優香選手のコーチを務めていました。

ノービスの頃の羽生結弦選手を指導した経験もあります。

また、カナダでは「8リンクス」(エイトリンクス)で指導を受けているようです。

最近フィギュアの大会でもあまり姿を見ない本郷理華選手ですが、現在どうしているのでしょうか?

引退の噂も気になります。

 

本郷理華の現在は?引退するって本当?

長久保裕コーチの退任後、2018年の平昌(ピョンチャン)オリンピック出場を逃した本郷理華選手。

22歳とフィギュアスケート界では既に中堅となる歳になり、

紀平梨花選手など勢いのある若手の選手が次々出てきている現状で「引退」するのでは?との予想もメディアでは起こっています。

 

しかし先に述べた通り、本郷理華選手はバンクーバーへ拠点を移し、

新たなコーチの元、新たなチャレンジをしていくとの事なので、まだ数年は現役を続けるものと思われます。

 

とはいえ、

[姿勢の悪さ][バタバタした印象の荒いスケーティング]など修正課題は多くあるようです。

その辺りを、関徳武コーチが元ショースケーターとしての目線で指導し、改善すれば、演技全体が優雅に見えると思われます。

また、本郷理華選手はルールが厳しくなったステップシークエンスに対しても苦戦をしいられ、レベル4を取れない演技が多いそうです。

ステップシークエンスとは、フィギュアスケートで求められる要素のひとつで、ステップとターンを取り入れてリンクの幅一杯を使って滑ることが求められます。

その辺りは、ジョアン・マクラウドコーチの外国人コーチならではの指導が、また一つレベルを上げるきっかけになるのではないでしょうか。

本郷理華選手は1996年9月生まれの22歳。

まだまだこれから活躍できる年齢ですね!

本郷理華選手はハーフだという噂がありますが、本当なのでしょうか?

 

 

本郷理華はハーフなの?

日本人離れした目鼻立ちが、持ち味のエキゾチックな雰囲気を醸し出している本郷理華選手ですが、

ご想像の通りのハーフの選手です。

 

本郷理華選手の父親はイギリス人。

母親の本郷裕子さんは日本人らしいお顔立ちなので、かなり父親似なのかもしれませんね。

本郷理華選手は顔立ちだけではなく、166㎝ですらっとした体格もお父さんから受け継いでいます。

体格を生かしたジャンプ力で、様々なバリエーションのジャンプコンビネーションを繰り出せるのが本郷理華選手のストロングポイントなので、

ハーフ選手ならではの利点ですね。

 

本郷理華選手の父親と母親はどんな人なのでしょうか?

離婚しているいう噂も気になります。

 

本郷理華の父親母親はどんな人?離婚してるの?

本郷理華選手の母親・本郷裕子さんは、

邦和スポーツランドに所属しており、フィギュアスケートのコーチを務めています。

母・本郷裕子さんは元フィギュアスケーターの八木沼純子さんと同期の1973年生まれです。

宮城県出身で、後輩である荒川静香さんと親しい仲だそうです。

長久保コーチの指導する練習が終わった後、母の裕子さんが円盤をつくり、その上で回れるように練習し、本郷理華選手の苦手だったスピンを克服した事もあるそうです。

すごいですね。

本郷理華選手の父親に関しては、情報がほとんどありませんでした。

イギリス人のお父さんの話題がメディアで取り上げられないことから、両親の離婚も噂されていますが、

真相は明らかになっていません。

しかし、お父さんは一般人の方であるため、恐らく情報がそこまで出ていない事が、離婚の噂がたった原因なのではないかと思われます。

 

本郷理華選手の高校や大学はどこなのでしょうか?

 

 

本郷理華の中学・高校・大学はどこ?

本郷理華選手は宮城県仙台市出身。

長久保裕コーチの指導を受けるため、名古屋に移り住み、名古屋市立中川小学校に転入。

小学生の頃から名古屋に住んでいるのですね。

その後、名古屋市立港明中学校へ進学後、愛知みずほ大学瑞穂高等学校を経て、

現在中京大学スポーツ科学部競技スポーツ科学科に在学中です。

スポーツ科ですので、様々なサポートを大学から受けていると思われます。

過去にバンクーバーで練習を1ヶ月ほど行ったことがありました。

「充実した練習ができた」話っていたので、カナダへ拠点を移す決意を後押ししたのではないでしょうか。

 

次は本郷理華選手の活動経歴についてです。

 

本郷理華の活動経歴

本郷理華選手がスケートを始めたのは、2001年当時5歳の頃からでした。

「コナミスポーツクラブ泉」で練習をしていましたが、同リンクが2004年に閉鎖されたため、

仙台市の勝山スケーティングクラブなどで練習を続けました。

9歳の時、長久保裕コーチの指導を受けるため名古屋へ移り住みました。

名古屋市立港明中学校在学中の2年生の時、全日本ジュニア選手権に出場して19位となります。

翌年にはISUジュニアグランプリシリーズに参戦し、JGPクールシュヴェルでは2位。

全日本ジュニアでは3位となり、前年より順位を大幅に伸ばしました。

全日本選手権は初出場で5位、2013年世界ジュニア選手権は9位になりました。

愛知みずほ大学瑞穂高等学校在学の2年生の時、JGPミンスクで3位に入賞し、全日本ジュニア選手権で初優勝を飾りました。

全日本選手権では6位に入賞し、2年連続で出場した世界ジュニア選手権では8位に入賞、シニア国際大会のトリグラフトロフィーでは、自身初となる国際大会優勝を獲得しました。

 

高校3年生の時、アジアフィギュア杯を優勝、CSフィンランディア杯では3位に入賞、グランプリシリーズではスケートカナダで5位、ロステレコム杯では初優勝を果たしました。

NHK杯優勝のアメリカ代表のグレイシー・ゴールドが負傷で出場を辞退し、本郷理華選手が繰り上げでグランプリファイナル出場権を獲得、結果は6位でした。

全日本選手権は総合2位で銀メダルを初めて獲得。初出場のISUチャンピオンシップス四大陸選手権は3位でした。

世界選手権は6位に入賞し、この年は数多くの大会で経験を積みました。

中京大学スポーツ科学部競技スポーツ科学科へ進学後、1年生の時、CSフィンランディア杯で優勝し、中国杯で銀メダルを獲得、続くロステレコム杯は5位、全日本選手権は4位となり、繰り上がりで四大陸選手権と世界選手権の代表に内定しました。

四大陸選手権は2年連続総合3位、世界選手権7位、総合でも8位となりました。

 

大学2年生の時、怪我をして調子を落とし、スケートカナダ6位、中国杯5位に終わりました。

また全日本選手権は総合5位に留まり、札幌冬季アジア競技大会は、日本代表は本郷理華選手のみでしたが、総合4位でメダル獲得はならず。

四大陸選手権は総合10位、世界選手権も総合16位となり、失意の年となりました。

 

大学3年生の時、ISUチャレンジャーシリーズのオンドレイネペラトロフィーで2位、ISUグランプリシリーズのスケートカナダでは、6位。

NHK杯では総合7位、6年連続の出場となった全日本選手権では、総合で6位となり、オリンピック日本代表選出・出場の夢は叶いませんでした。

怪我での不調を引きずってしまったのが大きかったようです。

 

しかし、1月の国体では優勝、2月のオランダで開催されたチャレンジカップでは2位に入り、復調を感じさせてくれました。

その後、2018年10月からカナダへ拠点を移し、コーチも変わり、心機一転、さらなる高みを目指しています。

 

 

本郷理華プロフィール

■名前:本郷理華

■生年月日:1996年9月6日(22歳)

■出生地: 宮城県仙台市

■身長: 166 cm

■体重: 52 kg

■所属クラブ:邦和スポーツランド

 

本郷理華がコーチ変更の理由と引退の真相は?ハーフの噂や両親離婚についても まとめ

本郷理華選手は、長久保裕コーチの指導を長年受けてきましたが、2017年に長久保裕コーチが退任。

現在はカナダに拠点を移し、ジョアン・マクラウドコーチ、関徳武コーチの指導を受けています。

一時期不調が続いていましたが、まだ22歳と若いので、これからまた活躍が期待できそうですね!

これからも応援していきたいと思います。

 

Jリーグ、プロ野球、テニスなど
130以上のスポーツライブ中継が見放題!

\DAZNは1ヶ月無料&いつでも退会可能!/

DAZN

 

◆こちらの記事もよく読まれています◆
↓クリック

須崎海羽がかわいい!彼氏が木原龍一の噂や高校大学や年齢身長を調査!>>

宮原知子の兄弟は妹ゆきこでフィギュア選手?羽生結弦とのハグ事件も調査!>>

紀平梨花は実家が金持ちで父親の職業は?姉が芸能人でavexの噂も調査! >>

坂本花織は父親の職業が意外で実家はお金持ち?性格悪そうな噂の真相は【追記あり】>>

三原舞依の実家は金持ちで親の職業は?ヘアドネーションや難病も気になる>>

羽生結弦の実家の場所は仙台市泉区でお金持ち?両親の職業や離婚の噂姉についても>>

 

 

▼▼よく読まれているおすすめ記事▼▼

-スポーツ選手, フィギュアスケート
-,

Copyright© BANBI NEWS , 2019 All Rights Reserved.