NHK朝ドラ ドラマ

おかえりモネの原作やモデルは?永瀬廉の役どころについても!

 

2021年5月スタートのNHK朝ドラ「おかえりモネ」。

おかえりモネの原作やモデルはいるのでしょうか?

また、キンプリの永瀬廉さんの役どころもとっても気になるところ。

この記事では、おかえりモネの原作やモデルについて、

キンプリ永瀬廉さんの役どころなどについてまとめていきます!

 

おかえりモネの原作は?モデルの気象予報士は実在するの?

2021年5月スタートの連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK総合)。

東日本大震災から10年の節目にあたる年に、NHK東日本大震災プロジェクトの一環として、東北の現在と未来に焦点を当てた物語を制作することとなりました。

 

作品の舞台は宮城県気仙沼市と登米市で、宮城県が連続テレビ小説の主な舞台となるのは『繭子ひとり』『はね駒』『天花』に続き、17年ぶり4度目となります。

『おかえりモネ』の原作はなく、このドラマのためにシナリオが書き下ろされた、完全オリジナル作品になります。

 

オリジナルの書き下ろし作品なんだね!

 

この作品は、現代を舞台に気象予報士を目指すヒロインを清原果耶(きよはらかや)さんが演じます。

完全オリジナル作品ということで、ヒロインのモデルとなった気象予報士も実在しません。

 

調べてみると宮城県気仙沼市出身の気象予報士は実在するのですが、直接的にこの作品に関係しているという訳ではないようです。

 

 

おかえりモネ脚本 安達奈緒子のプロフィールは?代表作品は?

『おかえりモネ』の脚本は、安達奈緒子(あだちなおこ)さんが務めています。

 

安達奈緒子さんは神奈川県出身で、数々の作品を世に送り出してきた日本の脚本家です。

 

代表作品には、ドラマ「透明なゆりかご」「きのう何食べた?」「サギデカ」や、「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」などがあります。

 

安達さんは『おかえりモネ』に携わるにあたり、「人間は不器用ながら“わからないもの”とずっと向き合ってきて、その最たるものが“自然”だろうと考えたとき、描くべき物語が見えたように思いました。」と語っています。

 

安達さんは幼い頃から物語を作ることに興味を持ち、早稲田大学では演劇研究会に所属。

卒業後はドラマ脚本を学ぶため、日本脚本家連盟ライターズスクールに進みます。

 

その後は一旦就職をして、海外ドキュメンタリー番組の日本語字幕やナレーションを制作する会社で台本作りに従事しながらコンクールに応募します。

 

2004年にフジテレビのスペシャルドラマ『冬空に月は輝く』の脚本でデビュー。

 

その後は出産し育児と主婦業で多忙だったことから本格的な活動からは遠ざかり、プロデューサーの声かけで企画書を作成するも数年間採用がない状態が続きました。

 

2011年には、フジテレビプロデューサーの増本淳の企画に誘われ、これを基にした1月期の月9ドラマ『大切なことはすべて君が教えてくれた』の脚本担当に抜擢され、全10話を執筆しました。

 

翌2012年には月9ドラマ『リッチマン、プアウーマン』の全11話脚本を担当し、2014年には同じく月9ドラマ『失恋ショコラティエ』で脚本を担当しました。

 

2017年に、月9ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- THE THIRD SEASON』で第1、第2シーズンを手掛けた林宏司に代わって起用され、翌2018年公開の『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』でも脚本を担当しました。

 

人気作品ばかりですね!!

 

2018年に『透明なゆりかご』(NHK総合)で第73回文化庁芸術祭テレビ・ドラマ部門大賞および第35回ATP賞テレビグランプリを受賞。

 

その作家性が脚光を浴び、翌2019年には『きのう何食べた?』(テレビ東京)で第57回ギャラクシー賞マイベストTV賞第14回グランプリを受賞。

 

また同年には『サギデカ』(NHK総合)、ならびに『G線上のあなたと私』(TBS)で第74回文化庁芸術祭テレビ・ドラマ部門大賞を受賞。

 

2019年は、これら3作品を手掛けて「2019年は安達奈緒子の年」「今もっとも勢いのある脚本家」との高評価を受けます。

 

そしてご自身も『透明なゆりかご』『きのう何食べた?』の2作品により東京ドラマアウォード2019にて脚本賞を受賞しました。

 

こうして見てみると、ヒット作を次々と生み出してきていることが分かりますね!

 

安達さんが書く『おかえりモネ』の世界は、脚本という面から見ても期待度の高まる作品です。

 

 

おかえりモネの永瀬廉の役どころは?撮影はいつから?

ジャニーズグループ・King & Princeのメンバーとしても活躍する永瀬さん。

永瀬さんはアニメ版や舞台版も人気のスポーツ青春映画「弱虫ペダル」で好演し、「第44回日本アカデミー賞」で新人俳優賞を受賞して話題となりました。

 

今回の『おかえりモネ』が朝ドラ初出演となりますが、どんな演技を見せてくれるのか期待が高まりますね!

 

永瀬さんが演じる及川亮は、ヒロインの幼馴染として登場します。

 

運動神経抜群かつ気配りのできる性格のため、とにかくモテるのですが、本人は意に介せずひょうひょうと振る舞うという役どころ。

 

ヒロインの百音とは幼少時から不思議とウマが合い、気心が知れた仲で、実は人知れず父親との関係に悩んでいる…という一面もあるのだそう。

 

日に焼けた“海の男”としての精悍(せいかん)さを増した、永瀬さんのビジュアルにも注目したいところです。

 

おかえりモネに松村北斗も出演?どんな役?

おかえりモネに松村北斗さんも出るって本当?

ジャニーズグループ・SixTONESの松村北斗さんが、2021年度後期の「カムカムエヴリバディ」朝ドラに出演することが発表されました。

 

松村さんは『おかえりモネ』ではなく、その次の作品に出演されるということですね!

 

『カムカムエヴリバディ』は関西が舞台の作品です。

 

上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんの主人公3人の織りなす物語で、ラジオ英語講座を題材に、祖母、母、娘の3世代100年のファミリーヒストリーが描かれます。

 

上白石さんが演じる、物語の始まりとなる大正時代に生まれた女性・橘安子(たちばなやすこ)は、岡山の和菓子屋の看板娘として成長し、やがて戦争の足音が近づく中、ラジオ英語講座と出会い、未来を切り開いていくという役どころ。

 

松村さんは、そんな安子の運命を動かす青年・雉真稔(きじまみのる)を演じます。

 

稔は名家の跡取り息子で、英語の堪能な大学生という役柄です。

 

松村さんはヒロインに大きく関わる重要な役のようですね!

 

今回の出演に際して、松村さんは「キャラクターとして演じる稔と僕自身は大きく違います。しかし、台本を読んだ段階からこの役を満喫できる確信がありました!皆さんの朝の楽しみの一要因になれれば幸いです」とコメントしています。

 

『おかえりモネ』に注目が集まる、すでに発表されている次々回にも期待できそうですね!

 

おかえりモネ清原果耶は演技力がすごい?評判は?

おかえりモネでヒロインを演じるのは若手随一の実力派女優・清原果耶さん。

 


2015年に連続テレビ小説『あさが来た』で女優デビューを飾ります。

2019年放送の『なつぞら』などでの好演により「次の朝ドラヒロインに」と期待の声も高かった清原さん。

 

抜群の演技力と将来性に加え「凛とした佇まい」と「思いの強さを感じさせる真っすぐな眼差し」が、作品を通じて伝えたいメッセージを託すのに最も相応しいと評価されていました。

 

2021年放送の『おかえりモネ』では、ヒロインオーディションを開催することなく、キャスティングにより起用が決定しました。

 

2018年度後期放送の『まんぷく』の安藤サクラさん以降、本作で6作連続でのキャスティングによる主演起用となりました。

最近のNHK朝ドラはオーディションではないんですね!

 

清原さんはセリフのないシーンでも観る者の感情を揺さぶると言われており、その演技からは“繊細”というキーワードが浮かび上がるほどです。

 

ほんの細かい表情や体の動きは、セリフがなくとも感情が深く伝わってくると評価されています。

 

若手の年代に当てはまる清原さんですが、その演技力や役作りにかけるアプローチはプロフェッショナルといえるのではないでしょうか。

 

清原さんは『おかえりモネ』の出演に際し、「気象予報士のお仕事を通して助けられる誰かを、大切な人を笑顔にしたい。そしてドラマを観て下さる皆様それぞれに芽生える朝が来ますよう今一度、作品創りの尊さとしっかり向き合いながらスタッフ・キャストの皆々様と誠心誠意お届けして参ります」と意気込みを語っていました。

 

期待の若手女優・清原果耶さんが織りなす『おかえりモネ』が、朝の時間を晴れやかにしてくれそうですね♪

 

 

◆こちらの記事もよく読まれています◆
↓クリック

おかえりモネ降板の高杉真宙の代役や理由は?キャスト一覧や注目人物も!>>

松村北斗は大学で独りぼっち?パンフレット掲載や彼女が「はな」の真相についても>>

長谷川純(ジャニーズ)現在は弁護士?逮捕の噂や渡る世間は鬼ばかりの過去とは>>

高橋優斗の身長体重は?ジャニーズ入所日や中学高校や私服プラ写も気になる>>

伊野尾慧の髪型はやっぱり変?明日香キララとの噂は嘘だったのか?>>

 

 

 

関連記事

-NHK朝ドラ, ドラマ
-

© 2021 BANBI NEWS